不動産購入時や事前に知っておいて損はない知識一覧

不動産の契約や選び方でトラブルにならないために大事なこと

不動産購入時や事前に知っておいて損はない知識一覧

家の模型

そもそも不動産売買の考え方に必要なことは?

住宅のために不動産を購入していくのであれば、売買の基本的な考え方について知っておくべきです。不動産売買契約は基本的には売主と買主の自由に行って良いという基準があるからです。個人間のやり取りなので、一方的に不利益を被ることがないように、契約内容は逐一明示して確認していくべきです。

男女

手付金がある

不動産を購入する場合は手付金が必要になることがあります。これはひばりヶ丘や志木といった、地域が違っても同じです。手付金には三つの種類があるので、その性質も理解しておきましょう。不動産売買契約においては解約手付がよく使われます。これは契約を解除する場合を想定して支払われるものです。このように、契約は簡単には解除できないので気を付けておきましょう。

不動産選びでパートナーとよくトラブルになることランキング

住宅
no.1

予算

家にどれだけ予算をかけたいのか、一緒に暮らしている家族といえども意見が違ってくることが多いので、このトラブルが一位です。予算はなるべく多めに見積もっておいて、食い違いがないようにしておきましょう。

no.2

設計

次に多い争いが家の設計に関することです。もし注文住宅になった場合にはよりこの点での言い争いが多くなってしまうので、どの点を妥協するのか話し合う余地をもちましょう。優先条件を明確にすることが大事です。

no.3

家財道具選び

建売住宅でも注文住宅でも、家具を購入する際には意見が衝突してしまうものです。トラブルの解決方法としては、その部屋には何が必要なのかを明確にすることです。こだわりの強いほうが折れるという解決法もあります。

no.4

環境選び

家を作る夫婦の社会的な立場が違うと、生活環境へのこだわりにも差異が生じてしまいます。サラリーマンの夫にとっては出勤アクセスが良いところが良いと考えますが、専業主婦の妻にとってはスーパーがないと困るといった具合です。

no.5

業者選び

家をどんなものにするのか決めている家庭なら、業者に頼むことは決まっているのでそれほど問題は起こりませんが、設計のこだわりや妥協点が曖昧だと業者選びの際に言い争いも起こりがちです。

広告募集中